卓球 タブルス

卓球のダブルスについて

卓球のダブルスは、シングルスとは異なり、
ルールがややこしくなります。

 

ダブルスオンリーでいく人もいれば、
シングルスもプレーする人もいらっしゃるでしょう。

 

単独でプレーするのとは異なり、タッグを組む相手と、
呼吸を合わせられるかどうかが大事になります。

 

ですから、不仲の人とペア組みしても、
呼吸がしっくりこないので、相性の良い人と組むようにしましょう。

 

卓球のダブルスをする時に気を付けることは、
必ず変わり番こに打たないといけないことです。

 

テニスなどは、どちらか取りやすい人が打つことができますが、
卓球の場合、連続して同じ人が打つと、
相手に点が入ってしまうことになります。

 

2対2で対戦しますが、両チームの2人をAさん、Bさんとしたら、
一球目をAさんが打つと対戦相手のAさんがレシーブします。
対戦相手のAさんが打った球をこっちのAさんは打てません。
Bさんがレシーブします。

 

Bさんが打った球は同じようにBさんが、ということになり、
そのゲームの間は連続して同じ人からレシーブを受け、
また同じ人から打たれるという展開が継続することになります。

 

卓球のダブルスの場合、シングルスを練習することとは、
他の練習、勉強が必要なので気を付けましょう。

 

また、サーブを打つ時は、自分のフォアの側で、
一度バウンドさせ、同様に相手のフォア側に打たないといけません。

 

ペアが打つ時、支障を来たさないよう、
フットワーク等考慮しながらプレーすることも大事です。

 

ペアが邪魔になって、
うまく動けないことがないよう気を付けないといけません。