卓球 打ち方

卓球の打ち方

卓球には多種多様な打ち方があります。

 

・ドライブ
この打ち方は最も基本的なことなので、
必ず頭に入れておいてください。

 

このドライブのみでもスピードドライブ、
ループドライブといったいくつかの打ち方が存在します。

 

ボールに前進回転の強力なパワーを与えることで、
レシーブの難易度を上げます。

 

・スマッシュ。
卓球だけでなく色んな球技で使われますが、
ボールを叩く感じで打ち出して、弾く手法。

 

勝負をかけたいという場面で使うことが多く、
スピーディーな球が打てるのが特色です。

 

・カット
カットも卓球ではかなり大切な打ち方でしょう。
ドライブとは反対に、後退回転を与える打ち方です。

 

レシーブ側は、自分が予想していたのではない方向に
球が飛ぶので、失敗してしまう確率が高くなります。

 

なるべくカットを見破られないような打法をする等の
アレンジが求められるワザのひとつ。

 

後退回転をベースに斜め下、
横方向にも回転させるようなカットをする選手もいます。
レシーブに用いられるカットのおおかたはツッツキと言われます。

 

相手方が打った下回転の球に対処するための
打ち方もたくさんあり、瞬時に球の状態を
把握することができるか否かが卓球をする上で大事になります。

 

・プッシュ
プッシュと言われる打ち方も頭に入れておきましょう。
パワーはそれほどではないですが、押し出す感じで打つことです。

 

卓球を始めて間もない人は、
難易度の高い打ち方を覚えるよりも、
まず最も基本的なことを覚えてください。

 

難易度が高い打ち方は、
WEBのユーチューブなどでも詳細がアップされているので、
実際にプレーしている動きをチェックしつつ学びましょう。